中小企業の下請法取り締りが強化されています!

平成28年12月14入金、構成取引委員会は下請法運用基準を13年ぶりに改正し、その取り締まりを強化しています。
一般には、資本金1000以上の会社が資本金1000万円未満の会社に本来業務を下請けに出す場合に、様々な規定が義務付けられます。
資本金1000万円レベルでの取り締まりは、ほぼ実施されてこなかったところですが、先の取り締まりの強化により、鳥取県内での構成取引委員会の調査も増えてきています。

下請法事務を効率的に運用しましょう!

とは言え、大会社ではない場合には下請法を担当する法務部などの専門部署は設けていないのが通常ですので、現場担当者や総務担当者が付随業務として兼務することになります。
結局のところ、下請取引台帳整備と下請取引契約書の充実化、従業員への周知徹底が急務になりますが、この運用方法を効率的に行わないと、通常の契約管理と二重の手間が生じますの最初に運用基準を定め、マニュアル化ておくことを推奨しています。